綴るだけ

このブログの文章は意味を伴っておりません

はてなダイアリー

正直これが一番こじらせているもので、触れていないものを偏愛する癖。

小説家のWikipediaを読んで惚れる 読んだことないけど

古き良きブログコミュニティーに憧れる 覗いたことないけど

アクションゲームって格好良い やったことないけど

大人になって在宅勤務のクリエイターになったら毎日あの長寿番組を見るんだ 見たことないけど

小二病みたいなもん。

それが治らない頃に知ってしまったのがはてなダイアリー

好きな故人がはてなダイアリーの人間だったから、先日滑り込みでアカウントは作成したものの放置。

こじらせているが触れてはいない部分ゆえに悲しむこともできず放置していたニュース、として処理していた

 

愛する故人のはてなダイアリーがどうなってしまうのか

今まで考えていなかった。消えずとも多少なりとも変わってしまうだろう。

生前に読んでいなかったことが救い。

ずっと見ることを拒んでいたから強く記憶に残っていないことが救い。

深く知る前に消えてしまうのは呪い。

 

追記

サービス終了後も閲覧可能だった

無駄な1記事